今日の工房 2005年 5月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2005年05月26日

国立機関、大学等からお客様を迎えて開催したオープン・ワークショップ。近代の紙媒体記録資料の水性コンサベーションを中心に。ドライクリーニングから始めて、処置前試験、滲み止め、濡らし、洗浄、脱酸性化、抗酸化、乾燥等、一連の処置を半日かけて実体験していただいた。

2005年05月18日

お雛様を入れる保存容器。入籠(いれこ)形式で、それぞれの箱を、順次に重ねて組み入れると、最後は一箱に全部が収まる。また、雛を出した箱を積み上げ、毛氈を被せると、そのまま雛壇になる。

2005年05月08日

立体的な博物資料を収納する「つづら」式保存箱。上蓋、底蓋、側板で構成される。側板が外れるので、収納物が入れやすく出しやすい。堅牢な作りで、底蓋は50キロの荷重に耐える。

ページの上部へ戻る