今日の工房 2009年 7月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2009年07月30日(木)

業務用の大型冷蔵庫を購入。横型なので大きなものの出し入れがしやすく、上で作業も出来る。デンプン糊や薬品など、処置に使用する材料の中には冷蔵保管が望ましいものも数多くあり、これからの暑い季節は大活躍してくれるだろう。

2009年07月22日(水)

デジタルビデオカセット(DVC)用の仕切り付保存箱。目録順に整理作業をしながら 保存箱に収納できるよう、カセットの磁気テープのサイズに合わせて可動式の仕切りを つけてある。

2009年07月16日(木)

和紙をフードプロセッサにかけて繊維にしたもの。本の表紙の虫損穴等を埋める papier-mache (一種の紙粘土)の材料として、あるいはインク焼け資料の剥落部を繋ぎ留めるファイバー・ブリッジとして―等々、いろいろな使い方がある。

2009年07月08日(水)

海外への輸送用のガラス乾板フォルダー。台紙と乾板を固定するシンク、そして中身がわかる窓付の3層構造にしてある。縦置きのガラス乾板保存箱に収納しカードホルダーをつけた。

2009年07月02日(木)

工房での手作業による脱酸酸性化処置後の紙中のアルカリ残留量を測る中和滴定法(ISO 10716:1994)の試験。公文書や新聞等に多用されてきた機械パルプ紙を 主な対象にしている。

ページの上部へ戻る