今日の工房 2010年

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2010年12月24日(金)

2010年も残すところあとわずかとなりました。弊社は年末12月28日まで、年始は1月5より平常通り営業いたしております。本年中のご愛顧に心より御 礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。さて、来年は卯年。ご好評の手拭いもできました。

2010年12月17日(金)

株式会社堀内カラーアーカイブサポートセンター様の肥田康氏に「写真資料の保存と活用」というテーマで社内で講演いただいた。ガラス乾板の劣化の見極めか ら最新のデジタルまでの歴史、資料を利用する問題点と活用の仕方について、またデジタル化ならではの利点と問題点など。長い経験に裏打ちされた説得力ある 内容だった。

2010年12月09日(木)

コンサベーションの処置サンプル。修補やエンキャプシュレーションを行った新聞紙や、リーフキャスティングと裏打ちの違いが分かるように仕立てた和装本な ど、処置の見本を作成する。これらのサンプルを実際に見て触れてもらい、お客様に処置への具体的なイメージを持ってもらう。

2010年12月02日(木)

社内勉強会(略称:箱研)にて、弊社保存容器の開発の歴史を振り返った。タトウ式保存箱は創業期からの主力商品。開閉部は当初のワッシャー式、コハゼ爪等と変遷し、現在のワンタッチヒネリ式に落ち着いた。

2010年11月25日(木)

昨年に引き続き、学習院大学大学院アーカイブズ学専攻課程の資料保存を学ぶ方々が工房見学に。今年は学習院大学史料館の職員も参加され、コンサベーション部門と保存容器部門の作業現場を熱心に見て回られた。見学後も質問や意見が飛び交う、活気ある会となった。

2010年11月19日(金)

社団法人倫理研究所様所蔵の中国製土偶5体を一箱に入れる。棚に収納したままでも取り出し易いように棚はめ込み式保存箱に。土偶を等間隔に置き、箱の中で 移動したり倒れたりしないように土偶の土台と同じ大きさに穴を開けた仕切り板を被せる。仕切り板の一番上には引っ掛かりを付けて、土偶が抜けることを防い だ。

2010年11月11日(木)

革をすくときに使うペアリングナイフ(paring knife)。本の表紙カバーに革を使う際、ボードに巻き込む部分の革の厚みを薄くするために、ペアリングナイフを使ってすく。いくつか種類があり、刃先 が直線のイギリス式、刃先が丸いフランス式。用途はどちらも同じである。

2010年11月01日(月)

10月29日に江戸東京博物館においてJHK(情報保存研究会)と(財)日本図書館協会様共催による第四回資料保存シンポジウム「デジタルアーカイブの最 前線-現状と未来-」が開催されました。今回はJHK発足10周年を記念し、初の試みとして会員企業によるプレゼンテーションを行ない、弊社は「マイクロ 化・デジタル化のための原資料の解体・復元・容器収納」を発表しました。企業展示ブースには、例年以上に非常に多くのお客様にお越しいただき、貴重なご意 見を直に伺うことができ大変勉強になりました。厚く御礼申し上げます。なお、弊社プレゼンテーションは後日ホームページに掲載を予定しています。

2010年10月22日(金)

中国文化遺産研究院(北京)での「シルクロード沿線文化財保護修復人材育成プログラム」における当社スタッフの講義と実演。このプログラムは日・中・韓の 協力の下に東京文化財研究所文化遺産国際協力センターと中国文化遺産研究院教育トレーニングセンターが共同で企画運営するもので、5年間で100人を超す 中国人の研究者や技術者を育てる計画。シルクロードを逆にたどる形で、日本の技術が、 中国に伝えられる。弊社は今年で3年目、「文化財の保護容器ーその特性と機能ー」をテーマに、実技コースでは4日間で17種類のアーカイバル容器を作る。

2010年10月15日(金)

先週に続き、韓国学中央研究院から来ている李珍嬉さんの保存容器部門での研修の様子。保存容器の基本的な構造と機能、制作に使う素材や道具を、箱づくりを通して学ぶ。アーカイバル容器への収納が、保存修復計画のひとつであることを理解してもらう。

ページの上部へ戻る