今日の工房 2010年 7月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2010年07月29日(木)

今週から2回にわたり、韓国ソウルへの出張(7月15~20日)の内容を紹介する。弊社での研修予定がある李珍嬉さんが勤務されている韓国学中央研究院を 7月19日(月)に訪れた。研究院内の「蔵書閣」にある修復室や書庫を案内していただき、お話を伺った。見学後には韓食をいただきながらの交流会も。来年 に控える新施設への移動準備等でお忙しいなかの丁寧なご対応、ありがとうございました。

2010年07月22日(木)

掛軸を巻かずに平らに伸ばしたまま平置き保管するための大型容器を作製。内箱底部分に両端の軸先を固定するための平紐を取り付けた。また掛け紐(掛緒)が くる位置に留め具を付け、引っ掛けられるようにした。これで資料が箱の中で動くことなく、また巻き癖がつかない形で保管する事ができる。

2010年07月15日(木)

7月9日に、財団法人日本聖書協会「聖書図書館開館30周年記念講演会」が開催された。池田裕氏(筑波大学名誉教授)による「聖書図書館―その成り立ちと魅力」とともに、弊社の木部が「歴史的聖書の発見・保存修復・デジタル化」について講演した。

2010年07月06日(木)

iPadを導入した。社内の情報運用ツールとして、また講演会でのプレゼンテーションや自社ウェブサイトのコンテンツ運用管理にも。様々なシーンでの活用を図る。

2010年07月01日(木)

本に被せるポリエステル製ブック・ジャケット。アメリカ議会図書館考案「Boxes for the Protection of Books」 のものを参考にして作成。今回はレッドロット現象が進んだ革装本資料に対し、天地の小口から破片や粉がこぼれないよう蓋を付けた。これにより、他の資料に 汚れが及ぶことを防ぎ、表紙を直接触らずに扱うことが可能となる。また、蓋の挿入部のフィルムは二重構造にしているため、表紙表面を傷つけることはない。

ページの上部へ戻る