今日の工房 2010年 12月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2010年12月24日(金)

2010年も残すところあとわずかとなりました。弊社は年末12月28日まで、年始は1月5より平常通り営業いたしております。本年中のご愛顧に心より御 礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。さて、来年は卯年。ご好評の手拭いもできました。

2010年12月17日(金)

株式会社堀内カラーアーカイブサポートセンター様の肥田康氏に「写真資料の保存と活用」というテーマで社内で講演いただいた。ガラス乾板の劣化の見極めか ら最新のデジタルまでの歴史、資料を利用する問題点と活用の仕方について、またデジタル化ならではの利点と問題点など。長い経験に裏打ちされた説得力ある 内容だった。

2010年12月09日(木)

コンサベーションの処置サンプル。修補やエンキャプシュレーションを行った新聞紙や、リーフキャスティングと裏打ちの違いが分かるように仕立てた和装本な ど、処置の見本を作成する。これらのサンプルを実際に見て触れてもらい、お客様に処置への具体的なイメージを持ってもらう。

2010年12月02日(木)

社内勉強会(略称:箱研)にて、弊社保存容器の開発の歴史を振り返った。タトウ式保存箱は創業期からの主力商品。開閉部は当初のワッシャー式、コハゼ爪等と変遷し、現在のワンタッチヒネリ式に落ち着いた。

ページの上部へ戻る