今日の工房 2011年 1月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2011年01月27日(木)

1月21日に開催された日本図書館協会主催資料保存セミナーでは、内田夕貴氏(英国ノーフォーク・レコードオフィス(NRO)ペー パーコンサーバター)による講演「英国公的機関のアーカイブコンサベーション部門が果たす教育的役割 ―ノーフォーク公文書館の例―」が行われた。英国に おける公文書館の評価システムや、コンサベーション部門の仕事、公文書館の教育的活動の話とともに、参加者を交えたディスカッションも。内容の詳細は近日 中に弊社HPで公開する予定。→講演の記録はこちら

2011年01月20日(木)

大量の単語カードをまとめて被せ式保存箱に収納。カードを分類順に収めていく中で空いた空間に筒型状のスペーサーを挿入。こうすれば被せ箱の大きさを揃え られるので、棚にすっきり収納できる。大量の資料も煩雑になることなく整理・保管が可能。スペーサーは大小様々に作製できる。

2011年01月13日(木)

くるみ製本によく見られるヒンジの損傷に対しての簡便な補修処置。本体と表紙を繋いでいる見返し紙をヒンジ部分で切り、本体と表紙を分離。背に羽つきの和 紙を貼り、羽を表紙に貼り付け、本体と表紙を接合する。このとき表紙にのる羽は、染め紙を使用し、見返し紙と似た色にすることで仕上がりがきれいになる。

2011年01月05日(水)

謹んで新年のご挨拶を申しあげます。旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申しあげます。当社も心新たに2011年をスタートさせることができました。本年も相変わりませず、ご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

ページの上部へ戻る