今日の工房 2012年 5月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2012年05月31日(木)

ハーフ・バインディングの革装本の修理。オリジナルの革の背表紙と表紙のコーナー部分はレッドロットにより劣化していた。本体の一部に見られた丁の外れは、隣り合う括と糸で綴じ合せた。本の重量と厚みによる背への負担を考慮し、新規革装丁での処置をした。最後にオリジナルの背表紙のタイトルパネルを新規背表紙に貼付した。

2012年05月24日(木)

事務スペースが手狭になってきたため、工房の模様替えをした。棚やコピー機の移動のほか、転倒防止器具の取り付けなどを行い安全面も強化した。整然と並んだファイル棚、すっきりとした机まわりで気分も新たに仕事に取り組んでいる。

2012年05月17日(木)

これまでは上蓋のみが開く保存箱で、資料にアクセスするには箱を棚から取り出す必要があり、満載すると超重量になり不便かつ危険。とのお客様からの声を元に、資料を整理収納する際は上蓋を、棚に納めた後は前扉が開き資料へのアクセスが容易な棚はめ込み箱を資料と棚どちらにもピッタリと合わせたサイズで作製した。期待に100%応えられる保存箱が完成した。

2012年05月10日(木)

人材育成の一環として行っているペーパーコンサベーションのレッスンの様子。和装本、原稿、新聞の3種類の資料サンプルを使用する。解体から始まり、ドラ イ・クリーニング、洗浄、脱酸性化処置、リーフキャスティングなど修補の工程を経て、綴じ直し、エンキャプシュレーション、保存容器収納までの保存修復処 置を一通り行う。

ページの上部へ戻る