今日の工房 2012年 11月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2012年11月29日(木)

高さと重量のある作品を入れる被せ箱。箱の蓋と身を通常と逆に使うことにより、中身を取り出しやすくした。高さのある資料向けの箱としては、この他につづら式保存箱がある。

2012年11月22日(木)

11月20日から22日の3日間、第14回図書館総合展がパシフィコ横浜で開催されました。弊社ブースでは過去の事例を交えたコンサベーション技術の紹介とアーカイバル容器の展示に加え、今秋発売のドライクリーニング・ボックス、アクリル製展示台といった新製品も紹介。また来春に発売予定の新製品、ガス吸着機能をもったマップケース用シートやクリアフォルダーなどを参考出品しました。貴重なご意見を直に伺うことができ大変勉強になりました。弊社ブースにお立ち寄りくださった皆様方に心より御礼申し上げます。

2012年11月15日(木)

修復のサンプル資料。洋書、和装本、一枚ものなど様々な資料をサンプルとして集めている。これらを処置方法の検討や、技術向上のための練習台として使っている。お客様へご説明の際の修復事例としても使用。最後の画像は革装丁本の修復前と修復後を一冊で比べられるように処置した。

2012年11月08日(木)

弊社は11月20日(火)から22日(木)まで開催される第14回図書館総合展に出展します。アーカイバル容器や資料の保存修復事例の他に、新商品のモルデナイベ、ドライクリーニング・ボックス、特大保存箱も出品します。ぜひ弊社ブース(小間No.28)にて実物をご確認ください。写真は社内での出店準備の様子です。

2012年11月01日(木)

書庫内での図書等の資料清掃に最適な「ドライクリーニング・ボックス」の販売を開始しました。ドライクリーニング作業時に、カビやホコリを吸い込まないよう作業者の健康への被害を最大限に考慮した構造です。HEPA またはULPAレベルのフィルターのものならば、お手持ちの家庭用掃除機が装着可能です。第14回図書館総合展に出品しますので、是非弊社ブース(小間No28)にお立ち寄りください。→改良した製品はこちら。簡易ドライクリーニング・ボックス

ページの上部へ戻る