今日の工房 2013年 1月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2013年01月31日(木)

貴重書のラベル・テープ除去についてのリーフレットを作成。図書ラベルや、本のヒンジなどを修理する際に使用された粘着クロステープは、経年による変色やべたつきが起きたり、資料の破損を拡大させる場合がある。弊社でも除去のご相談を受ける機会が増えてきている。リーフレットは近日中に刷り上がる予定で、 ホームページにも掲載します。

2013年01月24日(木)

個人の方の遺品(モノ資料)のコレクション用に製作した保存容器。収蔵庫内の引き出しに混在していた様々な資料を、分類・整理するために容器に仕切りを設けた。高さのある資料は個別に壁で囲い、平たく薄い資料は上げ底にして取り出し易くした。

2013年01月17日(木)

原資料のマイクロ化・デジタル化に伴う解体・復元・容器収納作業。資料を代替化のために撮影する際、安全に撮影するのに必要な見開き具合を確保するのが困難な場合、予め解体を行う。撮影後は、再製本や新規表紙作成による綴じ直し、あるいは保存容器への収納を行う。いずれの行程も所蔵者様、撮影業者様、弊社の3社で事前に方針を決める。画像は簿冊(合冊製本)、タイトバック(本体の背と背表紙が接着された構造)の革装丁本、金属による平綴じの小冊子の形態の解体前、解体後、復元後、容器収納の例。

ページの上部へ戻る