今日の工房 2014年

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2014年12月18日(木) 襖絵を収納する保存箱

襖絵を収納する被せ箱。襖の縁の幅に合わせたスペーサーの板を、箱の底と天井に取り付けた。襖の縁部分のみがスペーサーに触れる構造のため、描画面は箱の内面に接触しない。収納後は箱を紐で縛り、立てて保管する。

2014年12月11日(木) 師走の工房

師走に入り一段と忙しくなってきた工房。修理部門には年末、年度末に向けて修理待ちの資料が続々と集まってきており、スタッフは連日フル稼働です。これから修理をお考えのお客様は、どうぞお早めにお問い合わせください。

2014年12月2日(火) カナダ、メキシコ国立公文書館の修復担当者が東京文化財研究所 近代文化遺産研究室の中山様、小林様と共に来訪

東京文化財研究所主催「第28回近代の文化遺産の保存修復に関する研究会-洋紙の保存と修復-」でご講演されたアン・フランセス・マヒューさん(カナダ国立図書館・公文書館 紙修復部門責任者)とアレハンドラ・オドア・チャヴェスさん(メキシコ国立公文書館 修復部門長)が東京文化財研究所 近代文化遺産研究室の中山様、小林様と共に弊社を訪れた。2時間たっぷり、カナダ、メキシコの近現代紙資料に対する保存の方策や考え方についてお話を伺うことができ充実した交流の機会となった。また弊社が海外の知見を学ぶと同時に、技術・製品の開発に積極的に活かしている点や細かな配慮がされた様々な保存容器にも大きな関心を持って頂けた。アレハンドラさんが専門とされている没食子インクに関する劣化と保存修復に関する研究は、オランダやスロベニアを中心に海外では1980年代半ばから盛んに行われてきており、その成果はすでにコンサベーションの現場で確立された技術として実用化されている。弊社の実例もお目にかけ評価して頂けた。美術作品以上にさまざまなコンディションが予想されるアーカイブ資料を扱うために、今後もしっかりと内外の動向を捉えていく必要があると感じた。

2014年11月20日(木) 学習院大学大学院アーカイブズ学専攻の皆さんによる工房見学

工房見学にいらした学習院大学大学院アーカイブズ学専攻の皆さん。修理や保存容器の技術・工程・材料の話だけでなく、保存計画の中における弊社の役割から、方針が決まるまでにお客様と打合せる内容など、実際的な流れに沿った話や質問も多く大変充実した内容となった。毎年、熱意を持って資料保存に取り組んでいる方々が集まるこの見学会は、私たちにとっても貴重な意見が伺えるコミュニケーションの場として恒例行事となっている。

2014年11月11日(火) 全国図書館大会と図書館総合展に出展

第100回全国図書館大会第16回図書館総合展に出展しました。ご好評をいただいている「GasQ」、「MoldenybeR」、「ドライクリーニング・ボックス」に加えて、新たな保存容器「スリムボックスとスリムフォルダー」も出品いたしました。お立ち寄りいただいた皆様からの貴重なご意見を、今後の技術・サービスの向上、商品開発に活かしていきます。

2014年10月30日(木) 図書館関連のイベント出展のお知らせ

秋といえば読書。読書といえば図書館。秋は図書館関連のイベントも目白押しです。今週末から来週にかけて順次開催される全国図書館大会(10/31~11/1、於:明治大学)、図書館総合展(11/5~7、於:パシフィコ横浜)に、弊社も企業ブースを出展いたします。現在準備も最終段階です。新商品を掲載したカタログやサンプル等を多数ご用意しておりますので、ご来場の折はぜひお立ち寄りください。

2014年10月23日(木) 新聞資料に対する洗浄・脱酸性化処置

新聞資料に対する洗浄・脱酸性化処置。基材の紙とイメージ材料へのスポットテストを行い、使用するアルカリ性溶剤に対する耐性が確認できたため水性の処置を行った。資料をクリーニング・ポケットに挟んで養生し、弱アルカリに調整した洗浄液、その後脱酸液に浸漬する。画像4枚目は処置後の洗浄・脱酸液。紙の中の可溶性の酸性物質が洗い出されて白色度としなやかさが回復し、処置後の平均pHは3.6から8.5に上がった。

2014年10月16日(木) 新製品「スリムフォルダー」「スリムボックス」

新製品の「スリムフォルダー」と「スリムボックス」の販売を開始しました。薄くて丈夫な板紙を採用し、機能的で丈夫なデザイン(意匠登録出願済み)にしたことで、配架スペースを大幅に節約できます。サンプル発送もいたしますのでお問い合わせ下さい。配布用チラシ(PDF)はこちらです。

2014年10月10日(金) 擬似革「スキバルテックス」を用いたリンプ・バインディング

擬似革「スキバルテックス」を用いたリンプ・バインディング(limp binding)。このクロスは、柔軟性とともに充分な張りがあり、また綴じのための支持体を通す孔も裂けにくいので、リンプ・バインディングの表装材として適している。擦れにも強いため、製本後の取り扱いによる損傷も少ない。

2014年10月6日(月) 「江戸・TOKYO技とテクノの融合展 2014」に出展

10月2日に東京国際フォーラムで開催された「江戸・TOKYO技とテクノの融合展 2014」の展示ブースに弊社も出展しました。東京企業力!をテーマに幅広い分野から特色ある企業が集まり、異業種間の活発な交流の場となりました。弊社も多くの来場者の皆様から貴重なご意見を伺うことができました。お立ち寄りいただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

ページの上部へ戻る