今日の工房 2014年 1月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2014年01月30日(木)

本の修理に使うクロスや革。クロスは同じ色でも、目の織りの粗いものや細かいもの、光沢のあるものなど様々揃っている。資料の形態や大きさ、厚みなどによって使い分ける。

2014年01月23日(木)

東京大学東洋文化研究所図書室様から所蔵する漢籍を資料サイズの計測から保存箱の作成、収納のご要望をいただいた。容器作成に加え、資料のサイズ計測から収納までを行う。採寸は当社製「採寸道具」を用いて計測する。左側の壁に資料をあて、左右と共に上下からもメジャーのついた板をあてる。手作業で丁寧に採寸することで、複雑な形の資料や傷みの異なる資料でも外形寸法が容易に計測できる。取ったデータはタブレット端末に入力していく。漢籍は組本が多く、厚みの計測には特に注意を必要とする。今日計測したデータをもとに保存箱を作成し、2月下旬に収納する。

2014年01月17日(金)

和装本の本紙への足付け。過去の修理で本の背を化粧裁ちしたために、寸法が足りなくなり、文字が綴じの内側に隠れている。今後も現物を利用したいという所蔵者様の要望により、一度解体し、綴じしろとして一丁ずつ和紙の足を付けて綴じ直す事で、ノド元まで開き文字が読めるようになった。

2014年01月06日(月)

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。昨年中は格別のご厚情にあずかり、誠にありがとうございました。おかげ様でよき新春を迎えることができました。本年もなお一層のご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます。

ページの上部へ戻る