今日の工房 2015年 3月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2015年03月30日(月) 内外ニュース&レポート編:視覚障害者用の本(1840年刊)を修理する

凹凸のエンボス加工が施された視覚障害者向けの本(braille-embossed book)の修理は、平滑な紙面に印刷された普通の本とは異なる修理法が必要になる。その本が古く貴重な資料の場合の修理のポイントは、利用や経時によって劣化したエンボスを、再び人がなぞって読めるようにする「安定化と強化」処置だ。その事例がIADA(Internationale Arbeitsgemeinschaft der Archiv-, Bibliotheks- und Graphik-Restauratoren)の機関紙 Journal of PaperConservation  (2014, 15−4)にHAND-READING:The Conservation of Braille-Embossed Books として掲載されている。

 

処置対象は1840年に発行された視覚障害を持つ学生向けの数学の教本  Elements d’arithmetique。いわゆる「点」字ではなく、エンボス形状は普通の活字の凸型である。(ルイ・ブライユがアルファベット点字を開発したのは1842年、これが普及したのは1850年代から)。「安定化と強化」のために次の材料が試された。デンプン糊と楮和紙、ポリメチルヒドロキシセルロース(Tylose® MH 300 P)、エチルアクリレート+メチルメタアクリレートのコポリマー(Plextol B500©)、アクリル樹脂(Paraloid B72©)。これらを塗布含浸させたサンプル紙(点状のエンボス)を、人の指先の「なぞる」のを模した装置にかけて、その後に耐摩耗性を測った。この結果、Plextolは好結果だったが、水とエタノールに溶解させたTyloseはさらに良好な耐久性を示した。しかしその他の材料はドット状のエンボスの先や形状に影響が出た。Tyloseはまた可逆性にも優れることも解った。

 

 

2015年03月27日(金) 無酸素パックの大型タイプを開発—-段ボール4箱をそのままパックして安全に殺虫

「無酸素パック Moldenybeモルデナイベ®」の大型タイプを開発した。図書や文書向けの従来サイズ(40L:ほぼ段ボール箱ひとつの容積)に比べ容積は約10倍(450L)。茶段ボール製文書箱や中性文書保存箱を積み重ねて密封できるので、資料の移送時や受け入れ時に箱ごとまとめて、また民具資料、博物資料、遺物等、大型の文化財も、容積内ならば簡単に無酸素殺虫処理ができる。袋の中には脱酸素剤を入れるだけで、他の化学薬剤を使用せず、なおかつ材質への影響がほとんどない方法で、資料にも人にも安全である。

 

文化財の害虫12種類(カツオブシムシ、オビカツオブシムシ。ヒラタコクヌストモドキ、ヒメマダラカツオブシムシ、キクイムシ、タバコシバンムシ、マダラシミ、アメリカカンザイシロアリ、コイカ、チャオビゴキブリ、チャバネゴキブリ、ワモンゴキブリ)の成虫、幼虫/若虫、卵に対して、どのぐらいの期間、無酸素下で生存し、その後に致死するかはタバコシバンムシが「指標」になる。

 

成虫、幼虫/若虫、卵のいずれでも無酸素下でタバコシバンムシがもっとも長く生存する。成虫は約120 時間、幼虫/若虫は約144時間、卵は約192時間。無酸素下でこの時間が経過すれば致死する。また、タバコシバンムシ以外の害虫の成虫、幼虫/若虫、卵は、これらの時間以下で致死する。したがって、封印して無酸素環境が形成されたと確認されてから10日間放置すれば、これらの害虫は駆除できることになる。

 

参考文献   Shin Mekawa et al.  The Use of Oxygen-Free Environments in the Control of Museum Insectm Pests, Getty Publications (2003)

2015年03月23日(月) 内外ニュース&レポート編:世界の図書館・アーカイブズはカビ対策をどのように行っているか? —— 国際的な調査結果まとまる

図書や文書等紙資料のカビによる劣化と対策は図書館、アーカイブズ、博物館等の資料保存機関にとって常に大きな関心事である。このほど、20ヶ国、57名のコンサーバター(保存修復専門家)や保存科学者等を対象に行なったアンケート調査の結果が発表された。回答者の大半が公的な機関の職員。これまで各国あるいは各機関ではそれぞれ独自のガイドラインにより対策が行われてきたが、今回のように統一したアンケート項目により国や機関をまたいで行われた調査は初。Fungal Biodeterioration of Paper: How are Paper and Book Conservators Dealing with it? An International Survey. として専門誌 Restaurator: International Journal for the Preservation of Library and Archival Materialに掲載された(2014, 35-2)。著者らはポルトガルの保存科学者。

 

それによると、カビによる劣化は世界共通で、劣化の予防や拡大を阻止するための何らかの対策を講じており、また薬剤等を用いた滅菌処置を行った経験のある機関が大半を占める。また、予防策としては保管や展示環境の制御が主として行われている。すでにカビの被害を受けた資料には乾燥処置が優先され、拡大を食い止める処置としては70%エタノール液の噴霧等を採用している。しかし現在実施されている方法には充分とはいいがたく、資料にも人にも安全で効果的な方法の研究や開発が喫緊の課題としている。

 

この調査はWeb上のGoogle Drive®に置かれた14の質問項目にインターネットを通して応えてもらう方法で実施された。予防、被害の要因と滅菌等の処置管理、被害を受けた資料への対処法、そして課題と要望に関するものである。アンケート対象者は、定評あるメーリングリスト Conservation Distlistの参加メンバーのうち紙媒体関連として登録している1034名のコンサーバターや保存科学者、図書館員やアーキビスト等である。20ヶ国、57名から解答を得た。68%が公的機関に属し、10-20年の勤続経験者が42%を占める。

 

予防
 
「何らかの予防対策を講じている」のは90%、「燻蒸等の積極的な(active)な処置をしたことがある」が79%、「一度処置をした資料を収蔵庫に戻したあとに再びカビが活性化したことがあるか」は「無い」が79%だが「ある」も20%を占める。また、予防対策としては「温湿度管理」(77%)、「換気システムの導入」(60%)、「エアーフィルタリング」(37%)の順。

 

カビ被害の発生要因
 
「漏水」(35%)、「保管の少環境対策の不備」(30%)、「外気変動に連動した温湿度変化」(26%)、「温湿度管理システムの故障」(25%)、「洪水」(25%)の順。「その他」(25%)で特筆されるのは「汚染された資料のカビが換気システムにより拡散し他の資料にも被害を及ぼした」という解答である。

 

カビ被害制御と不活性化
 
ひとたびカビの被害を被った場合の対処法は表4のように「設備を用いて屋内相対湿度を低下させ乾燥」、「文書や書籍への間紙挿入、吸収、交換」、「凍結乾燥」、70%エタノール溶液での噴霧等。ガンマ線殺菌は1割、エチレンオキサイドによる燻蒸滅菌はほとんど行われていない。

 カビで汚れた資料のクリーニングは、エタノール殺菌と併行してブラシやスポンジによる拭き取りや真空吸引等が採用されているが、汚染された部位だけでなく全体にカビを広げるリスクや、エタノールで溶解する色材への影響などが指摘されている。また。カビの被害を受けた部位は総じて紙力の低下や破損が認められるが、修理法は和紙に、でんぷん糊やメチルセルロースやクルーセルGなどどの組み合わせでの補修処置を70%以上が採用しており、ゼラチンやメチルセルロース、クルーセルGによる全面サイジングも20%ぐらい採用している。なおカビにより着色された部分の漂白等による除去は、展示が必要などの場合を除き、ほとんど行われない。

 

今後の研究開発の課題
 
予め4つの選択肢として「無毒性/安全な防菌・抗菌法」、「カビ汚れの効果的な除去」、「生物としてのカビの排泄物の紙への影響」、「カビで物理的に傷んだ紙の安定化と強化」が用意され、課題としての重要度を1〜5のレベル(5が最高)で答えてもらった。「無毒性〜」が最も高くレベル5で67%、レベル4ではカビによるシミなど汚れの除去(40%)で、「排泄物〜」がレベル3と4の半数、「安定化〜」は各レベルで15〜20%となっている。

 

 

2015年03月18日(水) 修理の各工程で使う水にはこれだけの質が要求されます

RO(逆浸透膜)水装置の定期点検の日。専門業者の方による装置内のフィルター交換と水質点検が行われた。弊社では、紙資料の修理に使う水をすべてこのRO(逆浸透膜)水装置で作っている。不純物(重金属類、トリハロメタン、ヒ素など)が入った水道水をそのまま使用すると、化学的な試験や処置の結果が正しく判断できなかったり、微量の重金属が’後々になって変色等の原因になることもある。水道水を装置内の逆浸透膜と活性炭フィルターに通し、水の中に溶けている不純物を分子レベルで分離・除去して限りなく H2Oに近い水(下表の精製RO水)にする。そしてこのRO水を元に、洗浄、脱酸性化、フラットニングなど、それぞれの処置と目的に合わせて水質を調整している。

 

 

作業工程      要求される水(これ以上の質ならば問題ない)
洗浄、霧吹き、サクション イオン交換水、作ってすぐの滅菌/精製RO水、蒸留水:もしアルカリに敏感なものがなかったらアルカリ水(200ppm 炭酸水素カルシウムかマグネシウム水溶液)がよい
普通のpH 計測 作ってすぐの精製RO水
水性脱酸用の溶媒 作ってすぐの精製RO水
漂白 精製水
酵素を使う処置 作ってすぐの精製RO水
水溶性接着剤の溶媒、湿布 精製水または蒸留水
リーフキャスティング、紙漉き DI(脱イオン水)、RO、蒸留水
特殊なイオン分析(pH、マグネシウム、カルシウム、塩素) 精製水
ガラス器材の洗浄 水道水の後の仕上げに蒸留水かRO水か精製RO水
金属器材の洗浄 RO水もしくは精製RO水
補彩などの絵の具の溶媒 RO水もしくは精製RO水

参考:CCI(カナダ文化財研究所)Water Quality for Treatment of Paper and Textiles 

2015年03月16日(月) 内外ニュース&レポート編:デジタル化や修理のための状態調査 — 400点サンプル抽出法

資料所蔵機関がかけられる資源(ヒト、カネ、モノ)には限りがある。資料保存に振り分けられる資源も、他の分野同様に適切に配分され、無駄がないように使われなければならない。

 

雑誌のような逐次刊行物を合冊製本する際にも、すべての雑誌が対象になるわけではない。利用頻度が高いものは優先されるだろうし、利用頻度が低いものは対象にはならず、すでに内外でデジタル化されている雑誌ならば、冊子のまま紐でくるんでバラバラにならないように保管しておくだけかもしれない。また、貴重なものが少量ならば、優先的にデジタル化したり修理計画に組み込んだり、予算の手当も容易かもしれない。

 

このように「簡単」な選別基準で対象物を抽出できるが、特定の図書資料群(コレクション)や特定の文書(アーカイブズ)資料群として数千点、数万点とある場合には、このうちどのぐらいの数が傷みがひどくデジタル化による代替が必要なのか、保存容器への収納資料の数は、修理対象資料の数は—等々を事前に調査するためには、調査法に統計学的な信頼性がなければならない。また、デジタル化等の保存のための計画立案は当然予算の裏付けが必要だが、どのぐらい費用がかるのかを予測するためには、前提として事前調査による全体像の把握が必須となる。

 

以下では Carl Drott の良く知られた論文をもとに、事前調査に使うランダムサンプリング法を紹介する。統計学的な手法を使った調査法に関する文献はたくさんあるが、Drott の論文は表題通り、図書館で使うことに的を絞ったもので評価が高く、海外では広く用いられている。英国の National Preservation Office は、この方法で、図書、文書はもちろん、博物館などモノ資料にまで調査できるとし、2000年から開始した国内の図書館・アーカイブ・博物館・美術館を網羅する資料保存アセスメント(PAS)では400点調査を推奨している。また、後述のように国内での事例もある。

 

この手法のポイントは、抽出を適切に行えば、全体数がどれほど多くとも、実際のサンプル数を400足らず(正確には 384 だが、切りのよいところで400にする)にできることだ。この数からのデータを全体に敷衍したとき、統計学的には95±5 % の高い確率で当てはめられることになる。さらに読む→

2015年03月12日(木) 年度末でバインダーやファイルボックスなど定形品のご注文が増えています

おかげさまで、弊社は今年も繁忙期を迎えています。例年に比べ、アーカイバルバインダーファイルボックスR、無酸素パックモルデナイベ®など定型品の御注文を非常に多く頂き、急きょ増産することになりました。ちなみに昨年は長さが1mほどの大型組立式被せ箱の「当たり年」でしたが、不思議なことに、その年によってよく出る商品が全く違うのです。なかなか予測できないのが残念ですが、それがまた楽しみでもあります。

2015年03月04日(水) 個人様の漢和字典の修理。尋常小学校時代から今までずっと大切に使ってこられた。

個人のお客様からお預かりした漢和字典。所蔵者様が尋常小学校に通っていた時から戦後を経て今に至るまで、大切に使ってこられたとのこと。本紙の破れは和紙で補修し、綴じ糸が切れている箇所は糸で綴じ直した。綴じの支持体には薄いが丈夫な不活性不織布を採用した。外れた表紙も染色した和紙で補修して本体と再接合し、再び字典としてお使い頂けるようになった。弊社は個人のお客様からのご要望も承っております。どうぞお気軽にご相談ください。サービス提供の流れはこちらから。

ページの上部へ戻る