今日の工房 2016年 11月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2016年11月30日(水)パソコン内蔵のHDD用の保存箱、より長期保存が可能なLTOなどへの移行時に使用。

映像制作会社や放送局では、デジタル制作された作品の動画素材や、関連する文書・画像などの資料がデータファイルで保管されている。現在、それらのデータをパソコン内蔵のHDDなどから、LTO(大容量磁気テープ)に代表される長期データ保存用の記録メディアへ移行する作業が進められている。

 

アニメ制作会社株式会社プロダクション・アイジー様よりご依頼を受け、データ移行までのHDDの保管と、作業のための持ち運びにも安全な専用箱を製作した。

 

パソコン内蔵のHDDは基盤部分がむき出しになっており、ホコリや静電気、落下の衝撃などによるデータ破損のリスクが大きい。そこで、箱の中で各HDDが接触しないよう仕切りを設け、床面は振動を吸収するクッション構造にした。データ移行作業が終わったものは箱の仕切り板を組み替えて、LTOテープの保存箱として利用される。

 

磁気テープやディスクの記録層を湿気や酸性ガスから保護するため、箱は表面をプルーフ加工にし、中に、取替え可能な汚染ガス吸着シート GasQ®︎を組み込んだ。

 

関連記事

大容量磁気テープ媒体 LTO用の専用保存容器を開発

2016年11月23日(水) 女性教育会館主催のアーカイブ保存修復研修で実技コースを担当します

国立女性教育会館女性アーカイブセンターが主催する平成28年度アーカイブ保存修復研修(基礎コースと実技コース)が11月30日から12月2日にかけて開催されます。このうち実技コースは、昨年に続き弊社が担当いたします。

 

昨年は紙資料の保存・修復方法の基礎実習として、基礎的かつ無理なく導入できる保存手当てを中心に道具の紹介や作業の実演・実習を行いましたが、今年は応用編として、図書館やアーカイブに膨大に所蔵されている金属綴じ・無線綴じされた小冊子や、表紙が外れかかったくるみ製本図書に対する簡易処置の実習を行います。また、12月1日午前中には、オプション企画として弊社の工房見学も予定しております。

 

参加者の方々にご満足いただける実習となるように十分に準備して臨みたいと思っております。

2016年11月16日(水)紙焼き写真資料の整理と保存のためのアーカイバルバインダーとリフィル

紙焼きの写真資料は環境の影響を受けやすく、取り扱いには細心の注意が必要です。なかでも温湿度や大気中の汚染ガス、光、ほこり等に曝されると退色、変形、剥離などを引き起こします。

 

一般的な写真用のアルバムやバインダーは天地や前小口など露出する面が多いため、光やほこりの影響を受けます。また、写真を収納するリフィルには可塑剤や溶剤を含んでいるものがあり、素材の劣化等により発生した揮発物等で写真に化学的影響を与えます。

 

弊社のアーカイバルバインダーは写真用リフィルとともにISO18916:2007 PAT=写真保存用包材のための写真活性度試験をパスしており写真包材の国際基準に準拠しています。バインダーは蓋を綴じると外気への露出部分がなくなり、光やほこりの影響を防ぎます。オプションで汚染ガス吸着シート「GasQ®」 の組み込みも可能です。

 

リフィルのバリエーションは全部で12種類。L判やキャビネ、六つ切りなどの紙焼き写真用、35㎜、6×6(ブローニーサイズ)、4×5などネガ・ポジフィルム用、スライドマウント用と一般的な写真資料を網羅しております。

2016年11月9日(火)第18回図書館総合展に出展中 修理部門スタッフも常駐しています

11月8日(火)から10日(木)まで、パシフィコ横浜で第18回 図書館総合展が開催されています。

 

今回、弊社展示ブースでは、例年よりも修理部門の展示スペースを広く取り、実際に使用している作業台や、和紙、刷毛、ヘラなどの道具を持ち込み、作業風景をブース内に再現しました。修理に関する質問はもちろん、保存方法の悩み、費用や期間など様々なご相談を頂戴し、大変ご好評いただいております。期間中は修理部門スタッフが常駐しています。お気軽にお声がけ下さい。

 

アーカイバル容器部門では、汚染ガス吸着シート「GasQガスキュウ®」、無酸素パック「モルデナイベ ® 」などのラインナップに加え、映画フィルムや古いビデオテープ、音声テープ、磁気ディスク、レコード等の視聴覚資料媒体専用のアーカイバル容器をご紹介しています。どうぞお手にとってご覧下さい。

 

開催は明日10日(木)まで、皆さまのご来場をお待ちしております。

2016年11月2日(水) 茶道具を仕覆(しふく)ごと収納する保存箱。

茶道具の茶碗・茶入・棗などを「仕覆(しふく)」ごと収納する保存箱。仕覆は茶道具全体を覆う布製の保護容器だが、名物裂や古代裂と言われる歴史のある染織布が使われているものも多く、剥き出しだと光や大気中の汚染物質に曝されて傷む。

 

これを「汚染ガス吸着シート GasQ®ガスキュウ」を敷いた中敷ボードに乗せて収納する専用の容器を製作した。染織布に直接触れることなく収納でき、また蓋にはポリエステルフィルム製の窓が付いているので、そのまま棚に飾り蓋を閉じた状態のままでも仕覆を眺めることができる仕様となっている。

ページの上部へ戻る