今日の工房 2014年 2月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2014年02月27日(木)

映画フィルムを収納するためのタトウ式保存箱。フイルムの直径は10cm以下で、箱も書籍用のものと比べてみると非常に小さく、弊社で製作する箱の中でも最小の類である。これらの箱が散逸しないよう、棚はめ込み式保存箱にひとつにまとめて収納する。

2014年02月20日(木)

補修に使用する和紙の短冊。一定幅のボードに和紙を巻き取り、上下の辺をホチキスで固定しておく。これを必要な幅でカットして短冊を作る。ごく薄い和紙の短冊も、ボードに固定されていると絡まりにくく扱いやすい。なお、この補修紙の場合は極薄なので水切り喰い裂きにはしない。

2014年02月13日(木)

七段飾りの雛人形用の保存箱。依頼主の希望で毎年の雛祭りの飾り付けの際に管理し易いように、雛段の段数ごとに人形と装飾品をまとめて収納できる。箱の持ち運びを考慮して、仕切り付きの箱を3段に重ねてつづら箱に収納する構造にした。

2014年02月06日(木)

原資料のマイクロ化・デジタル化に伴う、無線綴じハードカバー製本の解体作業。安全かつ確実に資料の情報を撮影するために、見開き具合を十分に確保しなければならない。ハードカバーから本体を外した後、5ミリ厚程度にさらに分割していく。撮影後は紐で平綴じし直し、カバーと接合して復元する。

ページの上部へ戻る