今日の工房 

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2017年2月22日(水) ひな人形をGasQ®️で養生し、元の木箱に保管する。

桃の節句も近づき、あちこちでひな人形の展示公開が行われる季節となった。この時期、資料館や個人の方などからひな人形の保管についてお問い合わせをいただくことがある。

 

今回ご紹介するのは一般家庭に伝わるひな人形の保管例。収納用の木箱もなるべく元のまま使い続けたいとの要望から中性紙保存箱への入れ替えはせず、人形の養生に汚染ガス吸着シートGasQ®️を使うことにした。

 

人形を収納する際には、顏や手といった繊細で壊れやすい部分を和紙などの柔らかい紙で養生する。今回は顔と衣装の部分をGasQで、形が複雑な手の部分はきめの細かい不織布で養生するなど、素材を使い分けた。最後に薄葉紙で全体を包み、元の木箱に収めた。年に一度、箱から出した時にGasQを交換すれば継続した効果が得られる。

2017年2月16日(木)修理に使う水を作る逆浸透膜(RO)装置を一新しました。

修理に使う水を作っているRO(逆浸透膜)水装置。専門業者の方に定期的にメンテナンスをしていただきながら使用し、10年以上稼働し続けていました。この度、装置自体を一新。最新の設備に切り替えていただきました。ろ過装置がパワーアップしてタンクも小型になり省スペースに。今日も処置に必要な水を供給してくれています。

2017年2月1日(水) レコード盤保存容器「グラモボックス」の販売を開始しました。

グラモボックス」は、文化財向けの保存箱に使われるアーカイバルボードを材料としたレコード盤保存箱です。ボードの原料は100%純粋なケミカルパルプで、ISO18902:2013(イメージング材料の保存用品に関する国際規格)に定められた品質基準に準拠しています。ボード自体の酸性劣化を防ぐためpHを弱アルカリに調整し作られています。

 

「グラモボックス」はまた、一般的な段ボール箱に比べ2~3倍の強度があり、収納したレコード盤の反りや変形を防ぐ事ができます。フタは前面でロックする構造なので、持ち運びの際も不用意に開かない設計になっています。SPレコードは割れやすく、一度反りが起きると修復する事が困難なため平置きでの保管が望ましいです。LPレコードは箱を棚に立てて保管することもできます。付属の中性ラベルシールにジャケットデザインやレコードタイトルを印刷し箱に貼ると、中身の判別に便利です。

 

古いレコードジャケットには酸性劣化している物が多く、傷みが目立ち側面が裂けている物も見かけます。むき出しで保存している際の大気中の酸性ガスが主な原因ですが、従来の木製のレコードケースも木材から発生する酸性ガスが箱の内部に溜まり、レコードジャケットの劣化を早める危険があります。

 

「グラモボックス」への収容時には、別売りの中性紙スリーブや汚染ガス吸着シート「GasQ」の採用もお勧めします。スリーブに移し替え、オリジナルジャケットはまとめて「グラモボックス」に収納することで、出し入れの際のジャケットへの物理的ダメージを防ぐ事ができます。更にジャケットの間に汚染ガス吸着シート「GasQ」を挟み込むこむことで、ジャケットの酸性劣化や変色を予防できます。

 

関連情報

今日の工房』2016年7月13日(水)SPレコードを保存するには

 

 

2017年2月1日(水)資料に挟み込まれた押し花も保存する

お預かりした資料の一冊からたくさんの押し花が綺麗な状態で出てきました。本そのものに保存処置を施すにあたり、一旦取り出したものの、押し花が接触していた箇所は紙が焼けてしまっている状態なので、再び挟み込むことは考えられず、汚染ガス吸着シートGasQと間紙を挟み込んだアーカイバル・クリアホルダーに押し花を収納することにしました。ホルダー内で押し花が動かないよう、細い帯状にカットした薄い和紙を、押し花の要所要所に渡し、間紙に帯を糊付けすることで、薄く脆い押し花を傷めずにホルダー内に収めることができました。

2017年1月25日(水)「日本写真保存センター」セミナーが2月8日に。当社も関連製品を展示します。

2月8日(水)に池袋サンシャイン文化会館7階で開催されるpage2017のオープンイベント「日本写真保存センター」セミナー『時代を記録した写真原板に光を!-眠っていた写真原板を目覚めさせ、活用しよう-』に出展します。

 

印刷媒体等で公表している写真家(プロ、アマ問わず)の写真原版(フィルム、乾板、湿板)を収集保存している日本写真保存センターによる調査研究成果の発表があります。また、写真原版を長期に保存するための知見、技術、製品を持った企業が出展します。

 

弊社は、写真資料(紙焼き、ポストカード、フィルムなど)用のバインダーとリフィルガラス乾板用保存箱とフォルダーの他に、汚染ガス吸着シート GasQ®を使った映像フィルム用レコード用といった視聴覚資料用など、利活用と長期保存性を考えた保存容器を展示します。どうぞご自由にお手に取ってご覧ください。

 

申し込み締め切りは1月31日(火)です。奮ってご参加ください。

2017年1月18日(水)修理に欠かせない道具・材料—リーフキャスティング(漉き嵌め)で使用する竹簾

竹簾はリーフキャスティング(漉き填め)を行う際、濡れた紙資料を安全に扱うための支持体としてとても重要な道具。頑丈な作りで壊れることはそうそう無く、長年の使用で糸が緩んでも自分たちで締め直しながら大切に使ってきたが、繁忙期のフル稼働に備えて新調することになった。これらは手作りで材料の竹も選りすぐりのものでできている。ほかにも修理に欠かせない道具や材料はたくさんあり、刷毛、和紙、革、プレス機、断裁機など、修理の現場はいろいろな分野の職人さん達の優れた手の技術に支えられている。

 

関連情報

今日の工房 2015年12月2日(水) 修理製本の隠れた部位に使う「白鞣し革」とは?
今日の工房 2015年03月18日(水)修理の各工程で使う水にはこれだけの質が要求されます

今日の工房 2012年04月12日(木)断裁機のメンテナンス

今日の工房 2010年09月02日(木)押切り機のメンテナンス
今日の工房 2009年08月19日(水)糸が緩んだ漉き簾を直す

2017年1月12日(木) ゲーム資料保存の喚起を促す小冊子『ゲーム保存の意義とその実践』–国内外の現状と課題、データ記録媒体の基本知識や保存等の実例も

NPOゲーム保存協会が作成した小冊子 「ゲーム保存の意義とその実践」では、国内外のゲーム文化保存や協会のゲーム保存に関する取り組みがまとめられ、ゲーム資料の保存の必要性を喚起すると同時に、なぜ保存が必要か、なにを、どのようにすべきかを簡潔明瞭に述べている。構成は次の通り。

 

第1部 流出するのは文化財だけではない。何もしなければ文化そのもの、そしてその歴史まで、他国のものになって行く。

 

-すでに始まっているゲーム保存の国際競争
-ゲーム大国地位回復のために 今すぐ、国ができること。

 

第2部 ゲーム保存の意義とその実践 NPOゲーム保存協会がみた日本の現状と当協会のこれまでの取り組み

 

-浮世絵現象
-海外に先を越されるコレクション
-アーカイブというミッション
-ゲーム保存協会ゲーム・データベース
-コレクション・資料収集
-資料の劣化について
-保管技術
-フォレンジック・プリザベーション
-保存技術とその未来
-NPO法人ゲーム保存協会

 

「残念なことに、日本が海外に誇る一大文化コンテンツであるはずのゲームは、資料自体の劣化が人々の予想以上に速く、非常に脆い性質のものであることが多いのです。このまま年月が経過すれば、現代文化の大きな一翼を担っているにも関わらず、これまでの電子ゲーム及びその関連機器・資料等の歴史、全体像やその受容のされ方を、未来へと継承していくことが困難なってしまうおそれがあります。私たちゲーム保存協会は、この危機に立ち向かい、少しでも多くの貴重な電子ゲームを後世に残すべく活動をしています。」(本文中より抜粋)

 

NPO Game Preservation Society NPOゲーム保存協会 2016年9月29日発行
2016 増補版 「ゲーム保存の意義とその実践」
この小冊子は、同協会にサポーター登録(3,000円から)をされた方にPDFファイルで配布されます。お問合せはNPOゲーム保存協会まで。

 

関連情報
◆NHKワールドによるゲーム保存協会についてのドキュメンタリー番組 Inside Lens – Game Preservation – The Quest

 

◆今日の工房 2016年3月9日(水) ゲームソフトのフロッピー、テープ、CDを保存するには

2017年1月6日(金) あけましておめでとうございます。

謹んで新年のご挨拶を申しあげます。旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申しあげます。新年を迎え、気持ちを新たに当社も動き始めました。本年も相変わりませず、ご指導ご鞭撻を頂けますよう、心よりお願い申し上げます。

2016年12月22日(木) 恒例の「手ぬぐい」、新年は鳩笛で。

年の瀬が迫ってきました。弊社の年内の仕事も仕上げに入っています。新年のご挨拶といっしょにお客様にお送りする「手ぬぐい」の、2017年お正月バージョンも仕上がりました。干支の酉にちなみ、デザインは鳩笛です。先日訪問させていただいたお客様の給湯室では、今年の夏の手ぬぐい(オクラ)をご利用いただいておりました。
 

弊社の営業は、年内は12月28日(水)まで、年明けは5日から開始します。本年も格別のお引き立てを賜り、心より感謝申し上げます。皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

2016年12月14日(水)お客様の元での資料サイズの採寸にはこんな道具一式を持ち込みます。

弊社スタッフがお客様のところに伺い資料を採寸するときに使う採寸道具。道具一式をスーツケースに入れて持ち運ぶ。また、遠方の場合にはあらかじめ、お客様の元へ宅配便で送ることもある。メインは木製の組立式計測器具だが、その他にもスチール定規、布製メジャー、直角を測るための L字治具などを揃えている。また、必要に応じて手袋、マスク、刷毛やクロス、付せん紙などを入れておく。採寸作業は現場の環境や資料の状態など、様々な条件に対応しながら数百冊/日のペースで行うため、必要にして十分な道具を揃えて置くことが大切だ。

 

関連情報

2015年07月08日(水) 最適なアーカイバル容器作成は正確な資料の計測から

ページの上部へ戻る