今日の工房 

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2018年7月18日(水)紙力が著しく低下したものの薄葉紙での裏打ちは、噴霧器での糊さしと不織布の補助で。

酸化・酸性化により、あるいは水損やカビで紙が「老け」(ふけ=紙の繊維化)て、紙力が著しく低下した本紙を、不安なく取り扱える状態にするためには、裏打ちによる紙力強化が有効です。ただし、そうした資料は水分を含むとさらに脆くなり、直接本紙に刷毛を当てるのも困難な場合があります。こういう場合にはスプレーによる裏打ちを採用しています。

 

まず、薄めたデンプン糊を噴霧器に入れて準備をします。不織布の上に本紙を置き、その上に極薄の和紙(3.6 g/m2)を被せて、上から糊を均一に噴霧し、不織布をかぶせた上から刷毛で撫でて裏打ちをします。

 

この方法は、必要最小限の水分と糊で裏打ちができ、不織布越しで刷毛を使用するため、本紙を傷める心配がなく、安全に行えます。また、本紙と和紙の接着が面状ではなく、点状での接着のため、硬くならず柔らかな仕上がりとなります。

 

※和紙の上から糊を噴霧し本紙と接着させるので、使用する和紙が厚いと糊が本紙まで浸透しません。このため、使用する和紙は3.6 g/m2 程度の極薄紙を使用します。ここでは裏打ちを紹介していますが、文字や画像などがある面への「表打ち」としても使います。

2018年7月12日(水) 本体をプルーフ加工し、使用後の汚れの拭き取りが楽な簡易ドライクリーニングボックスに。

お客様からの強いご要望に応えて、簡易ドライクリーニングボックスにプルーフ加工を施した製品を発売しました。これまでの紙製のボックス表面を、使用中も汚れにくく、使用後にも汚れを拭き取り易いように、フィルムで被覆したものです。

 

簡易ドライクリーニングボックスは、資料に付着した細かい埃やカビの残滓のクリーニングを、お客様自らが館内や書庫内で安全に行うことを目的に開発されました。空気清浄機を組み込んだボックス内で資料のクリーニングが可能になり、作業中の埃やカビの周辺への飛散や、作業者が吸い込むといった健康被害を防ぐことができます。発売以来、そのコスト・パフォーマンスの良さがお客様に好評で、全国の機関で導入され、当社のロングセラー商品になりました。また、この間、導入していただいたお客様からのご要望を受けてマイナーな改良を重ねてきました。

 

今回の改良品は、「ボックス自体をクリーニングし易くして欲しい」というご要望にお応えするものです。従来モデルは、使用中に落下した埃などを拭き取り易いようにボックスの底にプラスチック・ボードをはめ込んでいましたが、今回は、ボックス全体にプルーフ加工を施して防水機能を持たせ、作業中の濡れた布巾での拭き取りや、作業後のアルコールでの消毒にも対応しました。

 

また、天井を覆う透明アクリル板の角を丸くし、作業者はもちろん、資料を傷つけないような細かい改良も施しました。

 

ボックス内の作業スペース(幅550×奥行き350×高さ220ミリ)など、その他の仕様に変更はなく、これまで通りのご利用方法が可能です。
以上のような仕様変更に伴い、販売価格を改訂させて頂きました。新価格は「本体ボックス+空気清浄機」で52,000円(税抜き)です。また、従来品をお使いのお客様で、空気清浄機を除いた本体ボックスだけを欲しいという方にも、36,000円(税抜き)で対応いたします。梱包輸送費は別途、頂戴いたします。

 

なお、購入の前に試してみたいというお客様には、最大2週間の無償レンタルを行なっています。この場合、ご返送時の料金のみ、ご負担ください。詳細は電話かメールなどでお問い合わせください。

 

関連情報

簡易ドライクリーニング・ボックス

『今日の工房』2018年4月25日(水) アニメプロダクションのアーカイブ構築に大型ドライ・クリーニングボックスが活躍

 

2018年7月4日(水) 爽やかな暑中お見舞いの手ぬぐいができました。

今年の暑中お見舞い用の手ぬぐいができました。平年より早い梅雨明けから連日猛暑が続いておりますが、爽やかな海の風景とともに、みなさまへ少しでも涼をお届けできれば幸いです。

2018年6月27日(水) 修理部門で使っていた押し切り断裁機をお譲りします。

弊社で使用していた押し切り断裁機を使ってくださる方を探しています。

 

作業スペース拡張のため、2台ある押し切り断裁機のうち1台を、この度手放すことになりました。ただ、長年使用した愛着のある道具のため、ゴミとして廃棄するのは忍びないので、引き取って使ってくださる方に、お譲りします。サイズは、幅975mm×奥行1115mm×高さ195mm。

 

引き渡し方法など、詳細を確認したい方は、弊社の修理部門までご連絡ください。

2018年6月20日(水)高知での保存修復学会の展示ブースで、新製品などへのお客様の様々な声を聞くことができました。

6月16日、17日の両日、高知県の高知市文化プラザかるぽーとを会場に40回大会文化財保存修復学会が開催されました。

 

当社ブースではアーカイバル容器のほか、新商品の新薄葉紙 Qlumin™くるみん「防カビ・殺虫ができる無酸素パックMoldenybe®モルデナイベ」「汚染ガス吸着シートGasQ®ガスキュウ」「ドライクリーニング・ボックス」を出展しました。ご来場くださった多くの皆様から、沢山のご質問やご意見を直接伺うことができ、大変参考になりました。弊社ブースにお立ち寄りくださった皆様に心より御礼申し上げます。

 

 

◎ブースに立ち寄って下さったお客様の声をまとめました。

 

・GasQやくるみんの開封後の保管はどうしたらいいか?保管用のガスバリアバックが欲しい。

・ガス検知インジケータを他ブースで見かけた。GasQとの組み合わせで事例ができたら教えて欲しい。

・アニメーションセルや近代のプラスチック製品などの博物・美術系文化財の保護に特化した保存資材を開発して欲しい。

・資料保存器材のホームページをよくみる。とても勉強になり学生にも紹介している。今後できれば、近代紙資料以外の文献紹介や翻訳、保全事例を特集する機会があればぜひやって欲しい。

・薬剤を使った木工品の殺虫処理では木の内部に潜んでいる虫まで薬剤がとどかず効果が上がらないと聞いた。無酸素パックなら手軽に確実に殺虫できるので早速使いたい。

・モルデナイベは1年半ほど無酸素がもつのがいい。袋サイズで脱酸素剤の量が決まっているのも便利。

・モルデナイベのガスバリア袋を1枚単位で購入したい。

・神社仏閣の蔵や保管庫はきちんとした環境制御ができない所が多いのでモルデナイベは資料の一時的な避難法として使える。蔵やお寺での調査に持ち込んで殺虫処理、隔離袋に使いたい。

・GasQは機能があり加工しやすく、博物館での資料管理の色々な場面で活用している。50M巻以上のロットで購入できれば嬉しい。

・考古学関連のフォーラムでGasQを紹介され使用している。実際に使ってみたら薄く柔らかくてとても使いやすい。

・ラミネートコートしたドライクリーニング・ボックスは資料クリーニング後、アルコールでボックス内を掃除できるのがよい。

・旧バージョンのドライクリーニング・ボックスを使っているので、ラミネートコート版は囲い部だけ販売して欲しい。

・ドライクリーニング・ボックスに大、中、小など、サイズ展開があるといい。紙資料だけでなく、立体物や博物系の資料用にも使いたい。

・民俗資料の殺虫には、モルデナイべはこれ以上ない商品で、ぜひ購入したい。大型の袋もサイズ展開が増えて嬉しい。

・くるみんは漆器を包んだり、緩衝材用の紙に最適。紙の表面が一般の薄葉紙よりソフトに感じるし、薄葉紙で、ある程度の汚染ガス対策ができるのは嬉しい。

・今使用している薄葉紙が使いにくいので、くるみんに変えたい。くるみんは紙の目、強度、かたさ、引裂き具合が丁度いい。紙の品質をしっかり試験して情報公開しているからユーザーは安心感がもてるのでないか。

・薄葉紙は主に書籍カバー、クッション材、展示台、テーブル用として使っている。今使っている薄葉紙は引っ掛かかったり、資料の角が当たっただですぐに破ける。くるみんの品質、機能を高く評価したい。色が白なのもいい。

・薄葉紙は、素材や価格がピンキリで、品質が見た目で判断し辛い。これまで不安に感じながら薄葉紙を使っていたが、くるみんなら安心。早速購入したい。

・昔は展示会のたびに、美術輸送の方々と一緒に薄葉紙を裂い作る紙ヒモやわた布団を大量に作った。とても手間がかかる作業だが、くるみんのヒモは手早く紙ヒモが作れるのでとても便利だと思う。3個セットで販売するのはどうか。

2018年6月13日(水) 紙ヒモ用の「薄葉紙くるみん」を試作しました。

1月に販売を開始した新薄葉紙「Qluminくるみん」で、このほど紙ヒモ用の小型ロール品を試作しました。お客様に試していただいている段階ですが、「薄くても丈夫」、「スペースをとらずに、すぐに作れて、扱いやすい」、「大きな紙からカットしないので無駄なく作れる」等々と好評です。

 

文化財や美術品を梱包する現場では薄葉紙は欠かせない存在であり、「包む」以外にも、緩衝材と資料を固定する「紙ヒモ」としてよく使われています。大判の薄葉紙を細長く裂き、それをしごいてヒモ状にするのですが、紙の柔らかさと加工性の良さで資料を傷つけず、手早く作れるのが利点です。

 

今回、より簡単に紙ヒモを作るための「紙ヒモ用くるみん」を試作しました。ロール型なので扱いやすく、好きな長さでカットできるのが特徴です。大型品の梱包に限らず、破損した資料の固定や、小物用の緩衝材としてもご利用いただけます。

 

この製品は今のところは試作品につき販売は致しておりませんが、ご興味のある方は当社のホームページ右上の「お問い合わせ・資料請求」からお問い合わせください。

 

2018年6月6日(水) 修復業務のアシスタントを募集します。

近現代紙資料(図書、雑誌、和装本、洋装本、新聞、地図、図面、写真など)の修復業務のアシスタントを募集します。

 

仕事内容は、資材の準備などのほか、実際の処置に携わる業務をお任せします。そのほか、保存容器の作製、劣化調査、出向業務、事務作業などをお手伝いいただきます。

 

募集要項はこちらをご確認下さい。

2018年5月30日(水)保存箱のサンプル撮影をプロに依頼しました。

デザインや仕様が変更になった保存箱9点の商品撮影を行いました。今回は美術品の撮影などを専門にされているフォトグラファーに依頼しました。

 

撮影画像はカメラと接続したPCにリアルタイムで出力されるので、構図の修正などの作業がスムーズに行えました。実際に箱へ資料を収納する時の使用イメージがお客様へ伝わるような商品の見せ方を心掛けました。準備が整い次第、商品カタログやホームページに掲載いたします。

2018年5月23日(水)寄贈資料のカビのクリーニング作業を、出向して屋外で実施しました。

松竹大谷図書館様より、寄贈された資料のカビのクリーニング作業を依頼された。対象は演劇台本など約700点。湿気の多い環境に長い間保管されていたようで、全体に湿っており、カビが発生していた。この状態で書庫に入れることは困難であるため、資料の乾燥とクリーニング作業を行うことになった。

 

他の資料へのカビ胞子の飛散を防ぎ、さらに資料の乾燥もあわせて行うため、図書館の近くにある東銀座・ 東劇ビル屋上をお借りして、屋外でのクリーニング作業を行った。当日は快晴で、屋上に資料を広げ、乾燥を促しながら、1点1点クリーニングを行った。

 

カビの付着が著しいものはブラシを装着させたHEPAフィルター付き掃除機で吸引した後、消毒用エタノールをクリーニングクロスに滲み込ませたもので、拭き取った。通常クリーニング作業は手袋を装着して行うが、今回は資料の乾燥状態を確認しながらの作業であったため、手袋は外して素手で行った。その後、乾燥が確認できた資料から無酸素パック「モルデナイベ」に収納し、万が一取り残しのあったカビ胞子の不活性化と殺虫を行った。

 

作業に当たっては、松竹大谷図書館様のスタッフの方々にもお手伝いいただき、スムーズに作業を進めることができました。暑い中お手伝いいただきましたこと、心より御礼申し上げます。

2018年5月16日(水)夏のごあいさつにむけて手拭いの柄はどれに?

毎年お正月と夏にお客様にお配りする弊社オリジナルの手拭い。風鈴、ラムネ、金魚と夏らしい柄が候補にあがりました。これからスタッフ一同どれにするか検討します。どのデザインかは、皆さまのお手元に届く7月中頃までお待ちください。

 

ページの上部へ戻る