今日の工房 2015年 8月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2015年08月26日(水) 壊れやすいスリップケースと本を一緒に収める保存容器

スリップケースの修理と保管方法のご提案。本に付属するスリップケースは利用や経年劣化により、元と同じように本を差し込むかたちでの利用が困難となっている場合がある。だが、貴重な付属資料として本と共に保管したいとのご要望を客様から頂くことが多い。弊社では、スリップケースの形を維持できるよう修補・補強した後はケースとしての利用は控えていただき、本とケースが散逸しないよう一つの保存容器に収めて、保管する方法をご提案している。ケースの中には変形防止のため、本のサイズで作ったスペーサーを入れている。

2015年08月19日(水) 企業資料協議会主催「第6回資料管理研修セミナー」弊社見学会に向けて

企業資料協議会主催「第6回資料管理研修セミナー」にて、9月17日に弊社の見学会が開催されます。これまでも多くの方が工房見学にいらっしゃいましたが、今回は、資料の保存・修理に関する質問や、現場でお困りなこと、問題点などのアンケートをあらかじめ取り、当日の解説内容に反映させるという、通常の見学とは少し異なる趣向を予定しています。当社ならではの提案力が試されるこの機会、スタッフが総出で準備に取りかかっています。(定員に達したため受付は終了しております。たくさんの方にご応募いただき、誠に有難うございました。)

2015年08月05日(水) 歴代の校章バッジの保管方法。スライドマウント用透明ファイルとGasQの組み合わせで。

歴代の「校章バッジ」の保管についてご相談を受け方法を考案した。大量にあるバッジの整理・保管にはスライドマウント用のフィルムプリザーバーとアーカイバルバインダーでファイリングした。金属製のバッジは保管雰囲気中の湿気や汚染ガスが影響し表面にくすみや錆びが生じる。その対策としてプリザーバーのポケットにGasQガスキュウ®を差し込んだ。バッジは台紙に留め収納する。特に貴重なバッジについては今後展示される用途があるため、ポリエステルフィルムの窓が付いた箱に収納し、そのまま展示ができるようにした。

ページの上部へ戻る