今日の工房 2011年

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2011年12月22日(木)

ガラス乾板を包んだフォルダーを収めるためのシンク容器と保存箱。シンクは中に入るガラス乾板の様々な大きさに合わせて作られており、資料を入れた後、蓋を閉め積み重ねることができる。最後にまとめて被せ式保存箱に収納する。

2011年12月15日(木)

平綴じや小冊子、パンフレット等の資料の綴じに使用する麻糸。処置資料が大量にある場合は、一定の長さにカットして作業台の手元に吊っておく。三つ編みに軽く結っておくと、絡まることなく1本ずつ摘み出すことができる。

2011年12月8日(木)

日常業務の大半でお世話になるPCの総メンテナンス。埃を取り、ケーブルの外れやネジの緩みがないかどうかなどのチェックをする。丁寧にメンテナンスをして中身もリフレッシュ。不具合も改善し動作も軽快になり、何かと慌ただしくなる年末の業務に備える。

2011年12月1日(木)

火災によって本紙の一部が焼けてしまった巻子状の家系図。被災後に一度、裏打ちによる修理がされているが、細い軸棒に巻かれていたため、 焼けた部分を中心に折れや剥落が生じている。表装の解体後、糊差しと極薄の和紙による表打ちを行なってから、径の大きな中性紙の丸筒に巻き、保存容器に収納した。

2011年11月24日(木)

梱包され出荷を待つ商品が、倉庫や工房内に所狭しと並べられている。こうした荷物も数日のうちにはお客様のもとへ送られていき、新たな商品が積み上げられる。本年も繁忙期に入ったことを実感する日々である。

2011年11月17日(木)

リンプ・ペーパー製本。柔軟で丈夫な白なめし革(トーイング革)を、本体の綴じと本体天地の花裂の支持体に使い、孔を空けた表紙(厚い楮紙)に支持体を通して接合する。見開きも良好。接着剤を用いないため可逆性が高く、表紙が失われた貴重書のコンサベーション・バインディングとして用いられている。

2011年11月10日(木)

マイクロフィッシュを保管するための保存箱。箱の底にガス吸着機能を持たせた。さらに取り外しの可能な仕切り板をつけて整理しやすくした。

2011年11月04日(金)

韓国国立中央図書館に勤務している鄭喜樹さんが二度目の来訪。弊社のコンサベーション部門と保存容器部門の作業現場を見学した。また、東京文書救援隊の活動へも興味を持っていた鄭さんは、これまでの導入実績とクリーニングから乾燥までの復旧システムの解説に熱心に聞き入っていた。

2011年10月27日(木)

25日に開催された第5回資料保存シンポジウム『資料を護り継ぐ―平時も、非常時も―』にて弊社も出展と企業発表を行なった。今年の新製品は「トレー付き倹飩式棚はめ込み箱」、企業発表は「東京文書救援隊」について。多くのお客様から、ご質問やご意見を直接伺うことができ、貴重な時間になった。ご来場いただいた皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

2011年10月21日(金)

ガラス乾板や湿板を保管する専用保存箱。破損した乾板を破片サイズに合わせ作成した落とし込みマットも。写真画像を擦れることなく保管するため、4つの袖があるフォルダーに入れ収納する。保存容器は、中身の確認がしやすいもの、出し入れの容易さ、光や埃からの保護といった色々な目的によって少しずつ形態が違う。物理的な強度・緩衝性は内外の従来品を凌駕する。

ページの上部へ戻る