アーカイバル容器 新機能・新商品
汚染ガス吸着シート「GasQ ガスキュウ」

優れたガス吸着力と、汎用性のある不織布シート

貴重な文化財にダメージを与える空気中の有害ガスや、資料から発生するVOCsを吸着除去し、資料を保護するガス吸着シートです。薄く、軽いシート形状の不織布のため単独で使用したり他素材と組み合わせたりと、幅広く応用できます。PAT(ISO18916:2007 写真保存用包材のための写真活性度試験)もパスしており、資料に長期間接しても、資料を汚染しないことを確認済みです。

ご使用例

  • ・ホコリ除け、汚染ガス対策として棚やマップケースのダストカバーに
  • ・傷つきやすい博物資料、工芸品のクッション材や下敷きに
  • ・書架の並ぶ大空間から、引き出しや保存箱等の小空間の空気質環境改善に

はさみやカッター等で、敷く場所や用途にあわせたサイズにカットできます。

各種ガス吸着試験結果

<吸着試験方法>

①各サンプルを約4mm角に裁断し、1.00gを精秤し専用のネット(PE製)に入れる。
②それぞれテドラーバッグに入れ密封後、脱気する。
③続けて所定濃度の対象ガス1.5Lを入れ、テドラーバッグ中のガス濃度の経時変化を検知管で測定した。

※グラフ中のデータは、測定値であり保証値ではありません。
実環境での使用においては環境条件等の影響により変動します。

ゼオライトの吸着性能と金属イオンによる反応の効果により、アミン酸、脂肪酸類、硫黄化合物などの汚染ガスをすばやく効果的に吸着する。またアンモニア、酢酸、イソ吉草酸などの除去にも効果を発揮する。

ガスの抑制効果

1.繊維へのゼオライトの担持比較

「ゼオライト高密度結晶化パルプ」を配合したGasQは使用による粉体の脱落もなく、ゼオライトの持つ優れた機能をそのまま繊維の形態としているので、待受型の汚染ガス吸着素材として非常に高い性能を発揮する。

2.VOCsの吸着・保持

ADストリップ変色レベルの比較試験
熱劣化させた濾紙・酸性紙から抽出した有機酸を対象に、試験し(A‐Dストリップ)を用いて、その変色レベルを確認した。GasQを封入したものは、酸を検知しない状態の青色を保っている。

<試験方法>
各試験片をポリエステルフィルムで密封し試験管に入れ、100℃に設定したオーブンで120時間熱加速劣化(ISO5630-5:2008)させた。

酸性紙(洋書1925年刊 ドイツ) ① 酸性紙のみ ② 酸性紙+GasQ 2枚 ③ 酸性紙+GasQ 4枚
濾紙(Whatman Grade.1) ① 濾紙のみ ② 濾紙+GasQ 2枚 ③ 濾紙+GasQ 4枚

ADストリップの色変化(強い酸性を示す黄色~酸を検知しない状態の青色)

3.小空間の空気環境改善に

パッシブインジケータを用いたガス吸着試験

有機酸検知用パッシブインジケータを桐箱内で暴露したAは組立に使う接着剤や桐材から発生する有機酸によって4日後には完全変色した。一方桐箱内の上下にGasQを敷き、パッシブインジケータをGasQで包んだBは7日後も変色が見られなかった。箱内の有機酸を、ppbレベルで吸着していることが判った。

桐箱板厚 7mm 98X305X80mm 平成9年頃購入 官能法での臭いあり 室内温湿度:20℃ ±5/ 50% ±RH10


  • 桐箱内設置状況
  • 6時間後
  • 96時間(4日)後
  • 168時間(7日)後
  • A:桐箱内で暴露
  • B:GasQで包む

寸法・価格

サイズ 幅1100mm×50m巻(シート厚0.3mm)
販売単位 ロール1本
価格 33,480円

サイズ 1100mm×800mm(シート厚0.3mm)
販売単位 100枚入り
価格 41,040円

※表示価格はすべて消費税8%込みとなっております。
※断裁加工も承ります。最小ロット等の詳細についてはお問い合わせください。

GasQの主な導入先

汚染ガス吸着シートGasQは、2013年の発売開始以来ご好評をいただき、紙資料に留まらず様々な文化財の保護のため、日本各地の博物館、美術館、図書館、アーカイブ、研究機関等で活用されています。
導入先の掲載はお客様に許可をいただいております。(敬称略)

<国公立機関>
天草市立天草キリシタン館
海上自衛隊第1術科学校 教育参考館
国立研究開発法人防災科学技術研究所
国立ハンセン病資料館
自然科学研究機構国立天文台
鳥取市文化財団 因幡万葉歴史館
防衛省防衛研究所戦史研究センター
頼山陽史跡資料館

<大学機関>
慶應義塾大学福澤研究センター
慶應義塾大学三田メディアセンター
中央大学図書館
東海大学
東京学芸大学
東京大学アメリカ太平洋地域研究センター
東京大学社会科学研究所
東京大学総合研究博物館
東京大学東洋文化研究所
東京農業大学
明治大学博物館
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

<博物館・美術館>
愛荘町立歴史文化博物館
出光美術館
岩手県立博物館
九州国立博物館
高知県立美術館
国立新美術館
たばこと塩の博物館
東京国立近代美術館工芸館
東京国立博物館
東京都庭園美術館
長崎歴史文化博物館
日本郵船歴史博物館
森美術館

<一般企業・その他>
株式会社東京現像所
株式会社東芝 東芝未来科学館
株式会社読売新聞社
公益財団法人京都服飾文化研究財団
公益財団法人東洋文庫
公益財団法人徳川黎明会 徳川林政史研究所
公益財団法人山階鳥類研究所

ほか多数

GasQの活用事例

参考

空気汚染ガス吸着性を持つアーカイバル容器 -小環境における空気汚染ガス低減試験-(PDF)
第33回文化財保存修復学会大会 島田要

ニュースリリース

共同開発企業レンゴー株式会社のニュースリリースで紹介されました。
ガス吸着シート『Gas Q』を開発しました 2014/4/8 レンゴー株式会社 ニュースリリース
 英語版はこちら


リーフレットのご案内

価格や試験結果など、基本情報のリーフレット(PDF)

文化財のシックハウスシンドロームについて(PDF)

主な導入先の印刷用リーフレット(PDF)

ページの上部へ戻る