今日の工房 2013年

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2013年12月20日(金)

「今日の工房」も、2013年最後の回となりました。今年は、防カビ・殺虫のための無酸素パック「モルデナイベ」(2012年発売)に続き、汚染ガス吸着シート「GasQ」や「簡易ドライクリーニングボックス」など、保存容器という枠を超えた新商品が生まれ、ご好評を頂きました。また、他機関からの工房見学弊社スタッフの海外講演など、様々な交流の機会を頂いた年でもありました。今年一年の皆様のご愛顧を心より御礼申し上げます。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2013年12月12日(木)

先週に続き、韓国ソウルへの出張の内容を紹介する。11月8日は龍仁大学校講 堂にて、「近現代資料の劣化と保存対策」をテーマに講義を行った。講義後には参加された国立機関や文化財保存関連機関の方々との討論会が企画され、有益な 議論と意見交換の場となり大変実りの多いものだった。終了後には韓国料理をいただきながらの懇親会も。今回の訪問は韓国の修理業界の現状をつぶさに知るこ とができ、とても参考になった。 また自分たちの現状を見直す良い機会にもなり、大いに刺激を受けた。

2013年12月05日(木)

今週から2回にわたり、韓国ソウルでの出張(11月7日~11月10日)の内容を紹介する。以前弊社に見学に来られた韓国龍仁大学校文化財保存学科教授・文化財庁文化財専門委員の朴智善先生から講演の依頼をいただき、2日間の日程でソウルを訪問した。11月7日には韓国国家記録院(NARA記録館)を訪れた。NARA記録館は国内・外の重要記録物の収集と保存、記録情報の提供サービスを行うための施設。そのための様々なセクションが設置されている。館内の8つのセクションと地下書庫を案内していただき、お話を伺った。

2013年11月28日(木)

修理工房の温度・湿度を管理する。工房には温度・湿度を測定記録するデータロガーを設置し、環境管理に役立てている。現在の温度・湿度がわかるだけでなく、測定記録をグラフ化し、変化を確認することができる。これからの時期は乾燥しやすくなるため、部屋を加湿したり、湿度の変化に敏感な資料を作業時以外は容器に入れておくなどの対策をとる。

2013年11月18日(月)

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)の第39回全国(東京)大会に出展しました。ブースでは新商品「汚染ガス吸着シートGasQ」を筆頭にコンサベーション、アーカイバル容器、「防カビ・殺虫ができる無酸素パックMoldenybeR」、空気清浄機付「簡易ドライクリーニング・ボックス」を出展しました。今年の各種展示会への出展は、これで最後になります。

2013年11月14日(木)

船舶の紙模型用の保存容器。最小190mmから最大1100mmまでの61点。出し入れをスムーズに行えるように容器の壁が倒れる構造にし、トレイに載せたまま横に引き出せるようにした。船首と船尾が接触する部分には綿布団を取り付け、また模型に使用されている接着剤などから発生する有機酸ガスの対策として、「汚染ガス吸着シートGasQ」を資料の周囲に設置した。実際に模型資料が収納された様子を、事例として近日中にホームページに掲載する予定です。

2013年11月8日(金)

社内で使用しているドライクリーニング用ボックス。小型の空気清浄機を装着する仕様となっており、クリーニング作業中に発生する粉塵やカビ残滓が拡散せず、作業者の健康被害を防いでくれる。空気清浄機からの排気による微細な粉塵などはHEPAフィルターに吸着させることで作業環境への影響も少ない。また折り畳み収納が可能であるため、省スペースで保管できる。商品化を検討中です。→販売を開始しました。書庫内で安全にホコリやカビ残滓を除去「簡易ドライクリーニング・ボックス

2013年11月1日(金)

第15回図書館総合展に出展しました。ブースではコンサベーションとアーカイバル容器に加え、新商品「汚染ガス吸着シートGasQ」「防カビ・殺虫ができる無酸素パックMoldenybeR」、HEPAフィルター付き空気清浄機を組み込んだ「ドライクリーニング・ボックス」等を出展しました。これまでもお付き合いのあるお客様、初めてのお客様と沢山のご来訪の皆様から、様々なご意見・ご質問を直接伺うことができ、大変有意義でした。お立ち寄りいただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

2013年10月28日(月)

革装本のタイトルラベルを和紙で作る。レッドロットによる損傷が著しく背表紙の革を活かせない場合、タイトルも新たに作ることになる。弊社ではPC上でフォントや文字サイズ、色を変えたタイトルラベルを数パターン作り、和紙に印刷したものの中から一番合うものを背に貼り付ける。最後に背表紙全体に保革油を馴染ませて仕上げる。

2013年10月22日(火)

10月21日に東京国立博物館平成館で開催された、情報保存研究会(JHK)と日本図書館協会共催の「第7回資料保存シンポジウム広がる資料保存の取り組み-高まる意識の中で-」にアーカイバル容器、「防カビ・殺虫ができる無酸素パックMoldenybeRモルデナイベ」、新商品「汚染ガス吸着シートGasQガスキュウ」、HEPAフィルター付き空気清浄機を組み込んだ「ドライクリーニング・ボックス」をブース出展しました。また「GasQ」のプレゼンテーションを実用講座として行いました。ご来場いただいた皆様からご意見、ご質問を伺うことができ大変参考になりました。

ページの上部へ戻る