今日の工房 2020年 4月

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2020年4月9日(木)定番・規格製品の専用梱包箱について

製品の梱包方法について過去に何度か紹介してきましたが、弊社の定番・規格製品には、使用、保管するときの利便性を考えた専用の梱包箱をご用意しております。
実際にどんな種類の梱包箱があるのか、その一部を紹介します。

 

Moldenybe®モルデナイベのガスバリア袋(写真1、写真2)や、Qlumin™くるみんGasQ®ガスキュウのロール品(写真3)など、通常時は梱包箱に入れておくことで保管や移動を安全に行えるようになります。

 

保管性だけでなく、製品の利便性を高める梱包箱もあります。Qlumin™くるみんの断裁品の梱包箱はその一つです。箱のフタを中央の位置で折ることができ、手間なく必要な枚数だけを取り出すことができます。(写真4)

 

またドライクリーニング・ボックスの梱包箱は空気清浄機とドライクリーニング・ボックス本体をまとめて保管しておけるだけでなく、側面に取っ手穴を付けることで持ち運びやすさを高めています。この取っ手穴は展示会でお伺いしたお客様のご要望をもとにしたものです。(写真5、写真6)

 

このような定番・規格製品以外についても、弊社では小さなものから大型のものまで、形状も多種多様な製品を提供しています。それらを安全に輸送するためには、既存の梱包材を使用するだけでなく、梱包箱を一から設計することが必要になるケースもあります。
製品の形状・性質に応じて、形態、方法、緩衝材の材質などを選択し、輸送時に発生する衝撃、振動などのあらゆるリスクから荷物を保護するため、一つひとつに適した梱包箱をカスタマイズしています。

 

 

【関連記事】
・2012年06月07日(木)今日の工房『段ボール加工のためのアイデア治具』

・2013年02月07日(木)今日の工房『大型保存箱を遠方に送る際の梱包』

・2015年05月13日(水)今日の工房『様々な梱包用粘着テープを使い分ける』

ページの上部へ戻る