今日の工房 2016年

週替わりの工房風景をご覧ください。毎日こんな仕事をしています。

2016年12月22日(木) 恒例の「手ぬぐい」、新年は鳩笛で。

年の瀬が迫ってきました。弊社の年内の仕事も仕上げに入っています。新年のご挨拶といっしょにお客様にお送りする「手ぬぐい」の、2017年お正月バージョンも仕上がりました。干支の酉にちなみ、デザインは鳩笛です。先日訪問させていただいたお客様の給湯室では、今年の夏の手ぬぐい(オクラ)をご利用いただいておりました。
 

弊社の営業は、年内は12月28日(水)まで、年明けは5日から開始します。本年も格別のお引き立てを賜り、心より感謝申し上げます。皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

2016年12月14日(水)お客様の元での資料サイズの採寸にはこんな道具一式を持ち込みます。

弊社スタッフがお客様のところに伺い資料を採寸するときに使う採寸道具。道具一式をスーツケースに入れて持ち運ぶ。また、遠方の場合にはあらかじめ、お客様の元へ宅配便で送ることもある。メインは木製の組立式計測器具だが、その他にもスチール定規、布製メジャー、直角を測るための L字治具などを揃えている。また、必要に応じて手袋、マスク、刷毛やクロス、付せん紙などを入れておく。採寸作業は現場の環境や資料の状態など、様々な条件に対応しながら数百冊/日のペースで行うため、必要にして十分な道具を揃えて置くことが大切だ。

 

関連情報

2015年07月08日(水) 最適なアーカイバル容器作成は正確な資料の計測から

2016年12月7日(水) アーカイブ保存修復研修では、金属腐食による小冊子の綴じ直しやハードカバー本の表紙の付け直しを実習していただきました。

国立女性教育会館女性アーカイブセンターが主催する平成28年度アーカイブ保存修復研修。このうち2日間、オプション企画としての弊社の工房見学と、実技コース「紙資料の修復関連実習」を担当いたしました。 実技コースでは、図書資料に多く見られる金属綴じの小冊子とヒンジ部が損傷したくるみ製本への簡易処置の実習を行いました。

 

小冊子には、ステープル等の金属物の腐食や紙力の低下、ステープル等の金属の腐食やそれに伴う落丁などの損傷で閲覧が困難になるものがあります。まず酸化・酸性劣化した本紙に注意して、マイクロニッパーを使い金属を除去。新しく3箇所の綴じ穴を開け、麻糸で綴じ直す。綴じ穴を開ける際に電動ドリルをお勧めする理由や、綴じ直しの際に綴じ糸を縫ってしまうと糸切れや緩みの原因になるため針先をやすりでつぶしておくなど、適切な処置をする上で必要な細かな点も確認していきました。

 

くるみ製本とは本体をハードカバーの表紙でくるむ製本で、負荷がかかるヒンジ部が損傷しやすい。まず表紙をいったん外した後、背ごしらえをし、和紙のハネを貼る。表紙の背は本体の背に直接貼らないホロー・バック構造を作り、ハネを表紙に貼って表紙と本体を再接合するという工程を、接合する箇所や、しっかりと接着するための道具、手順に沿って、くるみ製本の構造を解説しながら作業を進めていきました。

 

簡易修理を館内で日常的に実施することは難しいかもしれませんが、資料の構造や、適切な簡易処置とはどのようなものか知っておくことは、資料の保存を考える上で役に立つことと思います。ご参加いただいた皆さま、まことにありがとうございました。

 

関連情報

「利用のための資料保存」という考え方を踏まえた修理マニュアル。セミナーの実技コースの参加者にも好評です。同コースの講師を務める弊社スタッフによる翻訳です。

アルテミス・ボナデア 著 (伊藤美樹 訳)『館内で本を修理する』PDF 全168ページ、3.8MB

 

2016年11月30日(水)パソコン内蔵のHDD用の保存箱、より長期保存が可能なLTOなどへの移行時に使用。

映像制作会社や放送局では、デジタル制作された作品の動画素材や、関連する文書・画像などの資料がデータファイルで保管されている。現在、それらのデータをパソコン内蔵のHDDなどから、LTO(大容量磁気テープ)に代表される長期データ保存用の記録メディアへ移行する作業が進められている。

 

アニメ制作会社株式会社プロダクション・アイジー様よりご依頼を受け、データ移行までのHDDの保管と、作業のための持ち運びにも安全な専用箱を製作した。

 

パソコン内蔵のHDDは基盤部分がむき出しになっており、ホコリや静電気、落下の衝撃などによるデータ破損のリスクが大きい。そこで、箱の中で各HDDが接触しないよう仕切りを設け、床面は振動を吸収するクッション構造にした。データ移行作業が終わったものは箱の仕切り板を組み替えて、LTOテープの保存箱として利用される。

 

磁気テープやディスクの記録層を湿気や酸性ガスから保護するため、箱は表面をプルーフ加工にし、中に、取替え可能な汚染ガス吸着シート GasQ®︎を組み込んだ。

 

関連記事

大容量磁気テープ媒体 LTO用の専用保存容器を開発

2016年11月23日(水) 女性教育会館主催のアーカイブ保存修復研修で実技コースを担当します

国立女性教育会館女性アーカイブセンターが主催する平成28年度アーカイブ保存修復研修(基礎コースと実技コース)が11月30日から12月2日にかけて開催されます。このうち実技コースは、昨年に続き弊社が担当いたします。

 

昨年は紙資料の保存・修復方法の基礎実習として、基礎的かつ無理なく導入できる保存手当てを中心に道具の紹介や作業の実演・実習を行いましたが、今年は応用編として、図書館やアーカイブに膨大に所蔵されている金属綴じ・無線綴じされた小冊子や、表紙が外れかかったくるみ製本図書に対する簡易処置の実習を行います。また、12月1日午前中には、オプション企画として弊社の工房見学も予定しております。

 

参加者の方々にご満足いただける実習となるように十分に準備して臨みたいと思っております。

2016年11月16日(水)紙焼き写真資料の整理と保存のためのアーカイバルバインダーとリフィル

紙焼きの写真資料は環境の影響を受けやすく、取り扱いには細心の注意が必要です。なかでも温湿度や大気中の汚染ガス、光、ほこり等に曝されると退色、変形、剥離などを引き起こします。

 

一般的な写真用のアルバムやバインダーは天地や前小口など露出する面が多いため、光やほこりの影響を受けます。また、写真を収納するリフィルには可塑剤や溶剤を含んでいるものがあり、素材の劣化等により発生した揮発物等で写真に化学的影響を与えます。

 

弊社のアーカイバルバインダーは写真用リフィルとともにISO18916:2007 PAT=写真保存用包材のための写真活性度試験をパスしており写真包材の国際基準に準拠しています。バインダーは蓋を綴じると外気への露出部分がなくなり、光やほこりの影響を防ぎます。オプションで汚染ガス吸着シート「GasQ®」 の組み込みも可能です。

 

リフィルのバリエーションは全部で12種類。L判やキャビネ、六つ切りなどの紙焼き写真用、35㎜、6×6(ブローニーサイズ)、4×5などネガ・ポジフィルム用、スライドマウント用と一般的な写真資料を網羅しております。

2016年11月9日(火)第18回図書館総合展に出展中 修理部門スタッフも常駐しています

11月8日(火)から10日(木)まで、パシフィコ横浜で第18回 図書館総合展が開催されています。

 

今回、弊社展示ブースでは、例年よりも修理部門の展示スペースを広く取り、実際に使用している作業台や、和紙、刷毛、ヘラなどの道具を持ち込み、作業風景をブース内に再現しました。修理に関する質問はもちろん、保存方法の悩み、費用や期間など様々なご相談を頂戴し、大変ご好評いただいております。期間中は修理部門スタッフが常駐しています。お気軽にお声がけ下さい。

 

アーカイバル容器部門では、汚染ガス吸着シート「GasQガスキュウ®」、無酸素パック「モルデナイベ ® 」などのラインナップに加え、映画フィルムや古いビデオテープ、音声テープ、磁気ディスク、レコード等の視聴覚資料媒体専用のアーカイバル容器をご紹介しています。どうぞお手にとってご覧下さい。

 

開催は明日10日(木)まで、皆さまのご来場をお待ちしております。

2016年11月2日(水) 茶道具を仕覆(しふく)ごと収納する保存箱。

茶道具の茶碗・茶入・棗などを「仕覆(しふく)」ごと収納する保存箱。仕覆は茶道具全体を覆う布製の保護容器だが、名物裂や古代裂と言われる歴史のある染織布が使われているものも多く、剥き出しだと光や大気中の汚染物質に曝されて傷む。

 

これを「汚染ガス吸着シート GasQ®ガスキュウ」を敷いた中敷ボードに乗せて収納する専用の容器を製作した。染織布に直接触れることなく収納でき、また蓋にはポリエステルフィルム製の窓が付いているので、そのまま棚に飾り蓋を閉じた状態のままでも仕覆を眺めることができる仕様となっている。

2016年10月26日(水) 洋装本の表紙と背表紙の負担を軽減させるブック・シュー・スタンド(book shoe stand)の導入事例。

洋装本を本棚に縦置きで配架すると、表紙のヒンジ部分(表紙の開閉時の蝶番箇所)に本の本体(text block、本紙のブロック)の自重によるストレスが掛かるため、ヒンジ部に破れや外れなどの損傷が起きやすい。大型の本や、重量のある本、ヒンジ部の構造が脆弱なものは、とくに損傷を受けやすい。

 

対策として、本のチリ(本体と表紙の大きさの差)の厚み分のシュー(shoe、靴)をボードで作成し内蔵させたブック・スタンド(book stand)で本を支える。本の厚みにも合わせたスタンドのため、縦置き時に前小口が広がることもない。

 

このお客様の場合、この閲覧室の書棚は、「見せるための書棚」であるため、背表紙は見えるようにしておきたいが、ヒンジの損傷は防ぎたいので、箱でなくスタンドの導入となった。

 

参照:ブック・シュー内蔵の保存箱についてはこちら

2016年10月19日(水) 大量の大型保存箱を遠方に送る。

倉庫いっぱいに積まれた大型箱を4トントラックに積み込む。積み方を間違えると全て載せきれないこともあるので確認しながら載せていく。最後の一つを入れると、荷崩れしないようトラックのドライバーさんが養生材でしっかり固定し、無事に出発。これほど大がかりな出荷は年に一度くらいだが、行先は遠く九州や北海道のこともある。お客様から着荷の連絡を受けると一安心だ。

ページの上部へ戻る