スタッフのチカラ タグ : 保存箱・包材× 絞り込みをやめる

当社スタッフと社外協力者による各種報告や研究発表、スタッフが関わった著作物などをご紹介します。

2018年

  • 2018/01/24
    文化財の長期保存のためのアーカイバル容器
    • 島田要

2014年

  • 2014/04/3
    日本郵船歴史博物館様所蔵「船体模型」用アーカイバル容器の収納事例

2013年

  • 2013/03/27
    「中期保存向け」箱やフォルダーに使われる国産ボードの品質について
    • 島田要
    • 木部徹

2012年

  • 2012/07/20
    東京大学地震研究所図書室様におけるトレー付き倹飩式棚はめ込み箱の導入事例
  • 2012/07/2
    長崎市遠藤周作文学館様収蔵資料へのアーカイバル容器収納事例

2011年

  • 2011/10/21
    明治大学博物館様所蔵「時田昌瑞ことわざコレクション」いろはカルタの収納事例
  • 2011/05/31
    資料保存容器の新しい国際規格 ISO16245(2009) と当社の取り組み
    • 田中祐
    • 川尻香菜子
  • 2011/04/6
    PAT(写真活性度試験=Photographic Activity Test)の概要と有用性 -アーカイバル容器の確かな信頼性のために-
    • 小林尚美
    • 阿部祐貴
  • 2011/02/28
    【寄稿】アーカイブズ保存の考え方・進め方(全史議近畿部会第109回例会での安江報告まとめ)
    • 安江明夫 (学習院大学大学院アーカイブズ学専攻非常勤講師、元国立国会図書館副館長)

2010年

  • 2010/12/15
    『画像保存のための生物学的知見』 平成22年度 画像保存セミナー 参加報告
    • 島田要
  • 2010/12/9
    【寄稿】李珍嬉 「近代資料のコンサベーション技術を学ぶ -資料保存器材での研修報告 -」
    • 李珍嬉 (韓国学中央研究院 蔵書閣 国学資料調査室 資料保存担当)
  • 2010/10/27
    衆議院議事部議案課様所蔵資料へのクリーニング、綴じ直し、保存容器への収納事例
  • 2010/03/29
    和書「往来物」への保存修復処置
    – 東京学芸大学附属図書館様所蔵資料「望月文庫」を主として –
    • 福島希
  • 2010/03/26
    寒川町寒川文書館における公文書劣化防止事業
  • 2010/02/1
    近代の紙媒体記録資料の保存修復技術
    • 木部徹

2009年

  • 2009/12/4
    アーカイブの紙資料の保存-理論と実践
    • アラン・カルメス
    • ラルフ・シェーファー
    • キース・R・エバーハート
    • (木部徹訳)
  • 2009/10/9
    国立国会図書館主催「第20回 保存フォーラム」におけるポルク博士の講演
    • 伊藤美樹
    • 蜂谷伊代
  • 2009/09/30
    【寄稿】 第11回図書館サポートフォーラム賞表彰式での祝辞
    • 安江明夫
  • 2009/07/21
    東京国立博物館における両開き棚はめ込み式保存箱
  • 2009/05/8
    【寄稿】 ネパール貝葉写本の保存修復とデジタル化事業
    • アジア文化財保存修復会 Paper Conservators Asia Unlimited ( PCAU )
  • 2009/04/21
    東京大学社会科学研究所における
    「労働調査」資料及び「糸井文庫」の保全対策の事例

2008年

  • 2008/12/18
    東京大学経済学部図書館における
    山一證券資料のアーカイバル容器収納事例
  • 2008/10/30
    新聞合冊製本の保存事例 ―読売新聞社様の導入事例―
  • 2008/08/25
    百万塔陀羅尼への保存修復手当て
    • 伊藤美樹

2003年

  • 2003/10/25
    写真保存用包材の問題点―東京都写真美術館の事例―
    平成15年度 画像保存セミナーでの報告
    • 木部徹

2002年

2001年

  • 2001
    ゲタのはきかた、あずけかた
    • 木部徹

1990年

  • 1990
    表紙は外れたままでよい— 貴重書の修復と資料保存 —-
    • 木部徹

1987年

  • 1987
    貴重書を保存用箱に入れる
    • 木部徹

同じタグの記事

ページの上部へ戻る